軽自動車を高く売る

10年落ち10万キロでも高く売れる軽自動車は?

10年落ちの軽自動車軽自動車の寿命は10年落ち10万キロ」こんなことを聞いたことはないでしょうか。

古くて距離が多い軽自動車は日本の中古車市場では不人気のため、「廃車にするしかない」と思い込まれています。

実際にディーラーの下取りでは、年式と走行距離だけで査定額が0円となってしまうことがほとんどです。

しかし諦めてはいけません。

10年落ちで10万キロ以上走っている軽自動車でも高く売れる車種があります。

このような車種は、国内だけでなく海外からの需要が高く、廃車にするしかないように見える軽自動車でも驚くほど高値で取引されているのです。

ではボロボロの軽自動車がなぜ高く売れるのか?

高価買取が期待できる軽自動車の車種、10年落ち10万キロの軽自動車を高く売る方法についてご説明します。

 

《簡単45秒》今すぐ買取相場を見てみる

 

ボロボロの軽自動車が高価買取される理由

輸出される軽商用車

実際のところ、大半の軽自動車は初度登録から10年以上、走行距離10万キロを超えると、中古車としての価値を失います。

しかし中には“15年落ち”や“走行距離20万キロ以上”でも価値が落ちない車種があるのも事実です。

ボロボロでも高価買取されている軽自動車には、大きく分けて以下の3つの特徴があります。

新車で買うことができない絶版車

絶版となり希少価値があるモデルは、年式に関係なく高値がつけられます。

最近では少なくなった軽スポーツカーやターボつきのMT車が代表的です。

しかし状態が重視される傾向があり、内外装の状態や走行距離は買取価格に大きな影響を与えます。

パーツだけでも価値がある趣味車

スポーツカーやSUVなど趣味性の高い車種は、カスタムベース車としての需要もあり、走行距離が多めでも価値が落ちにくい傾向があります。

また補修部品としての利用価値が高いため、事故現状車でも価値が0にならない特徴があります。

海外で人気が高い商用車

海外輸出向けの商用車は、走行距離や修復歴の有無、内外装の状態に関係なく高値で取引されています。

走行距離20万キロ以上、事故・修復歴あり、外装がキズやヘコミだらけ、こんな車両でも高価買取が可能です。

年式が新しく走行距離が少ない同車種と比較しても、買取価格がほとんど変わらないこともあります。

 

10年落ち10万キロ以上でも高く売れる軽自動車一覧

古くて沢山走っていても価値が下がりにくい軽自動車はどのモデルなのか?

10年落ち10万キロ以上でも高く売れる軽自動車の代表車種をご紹介します。

商用車(軽トラック・軽バン)

関連記事
軽トラック・軽バンを高価買取してもらうには?

傷やヘコミだらけの軽トラ・軽バンなんて高く売れるはずがない 10万キロ以上走ったから廃車したほうがマシ 軽トラや軽バンの売却はディーラー下取りが一番高い そう思って高く売るのをあきらめていませんか?そ ...

スポーツカーやSUV

軽ワゴンやスーパーハイトワゴン

 

“買い替え”と“維持費”コストが安いのはどっち?

10万キロ走行した軽自動車のメンテナンス

では軽自動車の寿命は本当に10年10万キロなのでしょうか?

結論から言うと全くそのようなことはありません。

軽自動車の耐久性は意外と高く、定期的な点検とメンテナンス、消耗品の交換を怠らなければ、30万キロ以上走行することも可能です。

しかしここまで乗るためには、当然維持するための費用もかかります。

10年10万キロを目安にかかる主な交換部品は以下のようなものがあります。

  • タイミングベルト(タイミングチェーンは交換不要)
  • オルタネーター
  • クラッチ(MT車のみ)
  • ホース類(ブレーキホース、ラジエターホースなど)
  • ゴム・樹脂製部品(ブッシュ、ドライブシャフトブーツなど)

また新車登録より13年経過、18年経過のタイミングで自動車税も高くなります。(詳細は自動車税の項を参照)

古い車を維持しようと思えば、年々維持費は高くなり、故障が発生するリスクや修理代、車検費用が高くなっていくデメリットがあります。

一方でメリットに目を向けると、軽自動車はリセールバリューがとても高いため、費用をかけて維持するよりも、買い替えるほうがトータルでお得になることがあります。

長く乗り続けるよりも、買い替えるメリットが大きいのは、古くなっても高く売れる車種に乗っている方だけの特権といっても良いでしょう。

車検に通すか、修理をするかを検討する際には、“買取価格が高いうちに売る”ことも検討してみましょう。

 

10年落ち10万キロの軽自動車を高く売る方法

10年10万キロの軽自動車を査定

10年落ちで10万キロ以上走った軽自動車のディーラーの下取り査定額はほぼ0円

なかには査定を断る買取業者もあるほどです。

そのため多くのユーザーが「査定額はつかないだろう」と思い込み、高価買取のチャンスを逃してしまっています。

海外輸出を強化している専門店で査定をしてもらえば、0円どころか数十万円で買い取ってくれる可能性もあります。

もし古くてボロボロの軽自動車でも、様々な業者で査定し比較してみなければ本当の価値はわからないのです。

一括査定は沢山の会社を競争させるというイメージがありますが、ボロボロの軽自動車を専門に高価買取している輸出専門店などが加盟しているのも強みの1つです。

もしディーラーの下取り査定が0円でも、他の買取業者で査定を断られても、まだまだ高価買取のチャンスはあります。諦めずに複数の会社で査定してみて下さい。

 

今すぐ買取相場を知りたい方はこちら

一括査定の説明をする女性

軽自動車を高く売るために必要なこと。

それは“もし今すぐ売ったらいくらになるか?”を知っておくことです。

一括査定なら簡単な情報を記入するだけで、たったの45秒で買取相場がわかります。

最大10社の買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争するので、ディーラー下取り16万円以上高く売れることも。

WEBで買取相場がチェックできるので、まずは「大体の値段を知りたい」という方にもオススメです。

-軽自動車を高く売る

Copyright© 軽自動車のまとめ , 2019 All Rights Reserved.