軽自動車を高く売る

軽自動車は事故車でも高価買取してもらえる!

軽自動車の事故車 事故などで損傷してしまった軽自動車、「事故車だから高く売れない」と諦めていませんか?

事故車・故障車・水没車・修復歴ありの車、どんな状態の軽自動車でも、すぐに廃車にしてはいけません。

「解体屋で廃車手数料ががかかると言われた事故車のジムニー、買取専門店で査定をしてみたら20万円で買い取ってもらえた。

これは私が経験した事故車を売却した際のエピソードです。

以前の私のように「事故車=廃車」と思い込んでいる人は多いのではないでしょうか。

しかし、軽自動車を事故車でも高価買取してくれる業者は沢山あります。

何も知らずに解体屋にディーラーに持ち込んでしまったら間違いなく損をしてしまいます。

修理して乗り続けるのか、買い替えるのはどちらが良いかは、査定をしてみてから検討をしても遅くはありません。

もし事故車であっても少しで高く売りたいなら、ぜひこれからご紹介する方法を試してみて下さい。

 

《簡単45秒》今すぐ買取相場を見てみる

 

事故車と修復歴車の違い

事故車と修復歴車の違い

そもそも“事故車”とはどんな車のことをいうのでしょうか。

事故車には大きく分けて“事故現状車”と“修復歴車”の2種類があります。

事故現状車とは

事故や災害などで損傷し未修理の状態で、公道を走行できない状態の車両です。同じ理由によって動かなくなった水没車、故障車、不動車も事故車扱いとなります。

修復歴車とは

車両の骨格部(フレーム)の交換や修復した車両です。一方で事故や災害で損傷があっても、フレームの修復がなければ修復歴車とはなりません。

『事故現状車』と『修復歴車』の違い

一般的には事故現状車が“事故車”となり、修復歴車は事故車ではありません。

事故をして車体(バンパー、ドア、ボンネットなど)に大きな凹みがあっても、保安基準(公道走行が可能)を満たしていれば事故車ではありません。

軽くぶつけただけの事故でも、フレームに少しでも修復があれば修復歴車となります。

また過去に大きな事故があっても、フレームには損傷がなく、修理されていれば事故車と修復歴車のどちらにも該当しません。

 

軽自動車の事故車買取相場

では事故車はいくらで売れるのでしょうか?

業者オークションで取引されている事故現状車の取引価格を参考に買取相場を調査しました。

車種買取相場
ラパン0万円~58万円
ワゴンR0万円~87万円
タント0万円~91万円
ジムニー1万円~44万円
ムーヴ0万円~58万円

※買取相場は事故現状車(事故車・不動車・故障車・冠水車)の取引価格

事故車の買取相場は状態によって査定額に大きな違いがあります。

だからといって、車両の損傷が大きいからといって買取価格がつかない訳ではありません。

車種によっては状態が悪くても高価買取になる可能性は十分にあります。

 

軽自動車は事故車でも高く売れる

事故車でも高く売れる軽自動車

「事故現状車は事故車専門店で査定する。」これはだけでは高く売ることはできません。

なぜなら買取専門店のほうが事故車を高く買取するケースもあるからです。

事故車を専門的に扱っているといっても、やはり1社だけでは販売ルートも限られます。

もし事故車を高価買取してもらいたいなら、普通の軽自動車(事故や修復歴のない車)と同じように、複数の買取業者で査定するのが一番高く売れる方法です。

買取業者にとって事故車の買取は、大きな利益が出しやすくとても儲かる商売です。

事故車だから高く売れるはずがない」と決めつけている人が多いため、少しでも査定額がつけば喜んで売ってくれるからです。

 

事故車はどこで売られているのか?

コンテナ船に積まれる事故車

買取された事故車の軽自動車の販売ルートは3つあります。

  1. パーツとしてリサイクル
  2. 修理して中古車として再販
  3. 海外に輸出される

軽自動車は人気車種が高く登録台数が多いため、修理交換のための中古パーツの需要は常にあります。

エンジン、革シート、アルミホイールなどは、パーツだけで数万円~数十万円の価値があります。

修復歴と聞くとあまり良いイメージはありませんが、年式が新しく軽度の修復なら“割安に買える中古車”として再販することができます。

また、軽トラックなど一部の車種は海外からの需要が高く、修復歴がある車両でも高値で取引されています。

修復歴車に関しては、業者オークションの流通台数も比較的多く、事故車専門店ではなく、ガリバーなどの買取専門店が高く買取してくれます。

事故現状車は個体差が大きいため、販売ルートが少なく査定にも専門性が必要なことから、事故車専門店や輸出業者が得意としています。

つまり、どの販売ルートが一番高く売れるかは、軽自動車の車種や年式、再利用できるパーツ、損傷・故障の度合いなど、その車両の状態により全く違います。

その軽自動車の状態に合わせて、最適な販売ルートで売却できる業者が、もっとも事故車を高く買い取れるということです。

 

事故車も複数の買取業者で査定

買い替えを急いでディーラーに持ち込んでも、事故車の相場データがないため下取り査定額は0円となり、ほとんどの人が損してしまうことになります。

複数の買取業者で査定をすれば、上記の問題点を一発を解決することができます。

事故車というと解体屋や事故車専門店でしか売れないのでは?

というイメージがありますが、全くそんなことはなく、買取専門店でも喜んで査定をしてくれます。

事故車はそうでない車に以上に、業者によって査定額に大きな差があるのが特徴ですので、事故車専門店、買取専門店、輸出業者、解体屋すべての業者で査定するのが理想です。

これらの業者を比較することで、軽自動車の事故車買取の最高額が簡単にわかります。

事故車を売る際には、買い替え、修理、保険、買取など、様々なことをまとめて検討しなくてはならないので意外と大変です。

しかし最初に「事故車がいくらで売れるのか」を知っておけば、その他の手続きがとてもスムーズになると思います。

まずは無料一括査定で買取相場を調べてみることをオススメします。

 

今すぐ買取相場を知りたい方はこちら

一括査定の説明をする女性

軽自動車を高く売るために必要なこと。

それは“もし今すぐ売ったらいくらになるか?”を知っておくことです。

一括査定なら簡単な情報を記入するだけで、たったの45秒で買取相場がわかります。

最大10社の買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争するので、ディーラー下取り16万円以上高く売れることも。

WEBで買取相場がチェックできるので、まずは「大体の値段を知りたい」という方にもオススメです。

《簡単45秒》今すぐ買取相場を見てみる

-軽自動車を高く売る

Copyright© 軽自動車のまとめ , 2019 All Rights Reserved.