軽自動車を高く売る

軽自動車のディーラー下取りはなぜ損をするのか

ホンダ N-ONE

ディーラーの下取り”と“専門店での買取”、軽自動車が一番高く売れる方法はどっちでしょうか?

実際に車を買い替える時には、買取よりもディーラーの下取りを利用している人が多いようです。

なぜディーラー下取りが多く利用されているのか、その理由の大半は下記の3つに当てはまります。

  • 下取りしてもらうと値引き額がアップする
  • 購入と売却の手続きが1度で済むので簡単
  • ディーラーとの付き合いが長い

しかし結論からいってしまうと、軽自動車を高く売れるのは下取りではなく買取です。

それどころか、ディーラー下取りで車を売ってしまうと、買い(値引き)と売り(下取り)の両方で大きな損をしてしまう可能性が高いのです。

ここでは、【下取りと買取の違い】、【下取りはなぜ損をするのか】、【下取りよりも買取が高く売れる理由】についてご説明させていただきます。

 

《簡単45秒》今すぐ買取相場を見てみる

 

下取りと買取のメリットとデメリット

まずは下取りと買取のメリット・デメリットについて簡単にまとめます。

下取りのメリットとデメリット

新車または中古車を購入することを条件に、いま乗っている車を買い取ってもらうこと。

売りと買い両方の手続きを1回で済ますことができるため、書類や手続の手間がかからないのがメリットです。

しかし、下取りとは“車を買うなら買い取ってあげる”というあくまで業者側のサービスのため、下取り価格は実際の相場より安くなるのがデメリットです。

買取のメリットとデメリット

リアルタイムで取引されている市場価格で車の価値を査定し買い取ること。

高く売るためには複数の買取業者で査定をする必要があるなど、下取りより少し手間がかかるのがデメリットです。

しかし、買取業者を競争させることでユーザーが有利になり、市場で取引されている最高額で売れるメリットがあります。

 

軽自動車の買取は下取りよりどれくらい高い?

買取専門店の【買取価格】はディーラー下取りの【下取り価格】に比べてどれくらい高いのでしょうか?

軽自動車を代表する人気車種の買取り価格と下取り価格の差額を比較します。

それぞれ【3年落ち・走行3万キロ前後】の相場情報を参考にしています。

軽自動車の買取価格と下取り価格の比較表

車種・グレード買取価格下取り価格差額
N-BOX カスタム126万円103万円23万円
タント カスタム122万円111万円11万円
ジムニー128万円115万円13万円

※グレード:N-BOX カスタム G・ターボ LPKG、タント カスタム RS トップED SA、ジムニー ランドベンチャー。

情報取得日:平成30年5月現在
下取り価格:トヨタ下取り参考価格シミュレーション
買取価格:業者オークション(USS、JAA、TAA、JU等)の相場情報をもとに算出

比較表でわかるように、11万円から最高で23万円も買取価格が上回っています。

またディーラーの下取りでは、上記の下取り価格相場を基準に減点方式で査定されるのに対して、買取の場合は“走行距離が少ない”等の条件により、相場以上の買取価格になることもあります。

本来であれば、ディーラーは下取りした軽自動車を店頭で販売することもできるため、買取業者以上に高く下取りできるはずです。

しかし実際には、市場で取引されている相場より大幅に安い金額で下取りしているのです。

本当は高値で取引されいるはずの軽自動車が、なぜディーラーはこれほどまでに安く下取りしなければならないのでしょうか。

 

ディーラー下取りはなぜ損をするのか

下取りをやめさせたい女性

軽自動車の下取り価格が安い理由。それは新車を売りやすくするためです。

軽自動車は利益率が低いため、限界の値引き額が決められています。(詳細は【軽自動車の新車値引きで限界額を引き出す方法】をご覧下さい。)

しかし他社と競合になると、限界値引きをしただけでは簡単には売れません。

ここで下取り相場と買取相場の価格差である25万円が登場します。

営業マン6
A社の営業マン
値引きは限界ですが、下取り価格を5万円アップします。
ヒントを出す営業マン
B社の営業マン
他社よりも値引き額を5万円アップします!

このようなセールストークが代表的です。

つまり、車を売るときに営業マンが交渉をしやすいよう、また下取りした車が絶対に赤字にならないように、下取り価格は最初からかなり低めに設定してあるのです。

上記のケースでいえば、値引きや下取り価格を10万円以上アップしても、ディーラーの利益は十分に残ります。

また、ディーラーは販売台数を増やすことが目標なので、下取り取り車がなくても、交渉次第で限界値引きは引き出せます。

しかし下取り車があることによって、新車の値引き交渉を不利にしてしまっているのです。

値引き額を大幅に上げてもらって喜んでいても、じつはその分、下取り価格を大きく下げられている。こんなケースも全く珍しくはありません。

 

軽自動車を高く売りたいなら一括査定

買取契約の成立

ディーラーの下取り価格には、リアルタイムの相場情報が反映されていないため、年式のみで大体の下取り価格が決まってしまいます。

そのため、走行距離が少なくても10年落ちというだけで自動的に下取り価格は0円になってしまいます。

しかし業者オークションでは、以下のような軽自動車でも非常に高い金額で取引されています。

  • 人気車種の10年落ち中古車
  • 不人気車種の5年落ち中古車
  • 30万キロ以上で修復歴ありの軽トラック
  • ジムニーやコペンは改造車が高い

下取りと買取の大きな違いは、査定をする買取業者によって評価が大きく変わることです。

買取専門店、中古車販売店、輸出専門店など、それぞれに強みがあり、これらの買取業者を競合させることにより、その軽自動車の最高額がわかるというメリットがあります。

また、書類や税金、名義変更、ローン残債処理の手続きも全て無料で代行してくれるので、面倒な手続きに頭を悩ませる必要もありません。

もしディーラー下取りを検討しているとしても、一度他の買取業者で査定をして比較してみることをオススメします。

新車値引きの交渉”と“軽自動車を高く売る交渉”をわけて行うことで、値引きと買取の両方で得をできる確率は格段にアップするでしょう。

 

今すぐ買取相場を知りたい方はこちら

一括査定の説明をする女性

軽自動車を高く売るために必要なこと。

それは“もし今すぐ売ったらいくらになるか?”を知っておくことです。

一括査定なら簡単な情報を記入するだけで、たったの45秒で買取相場がわかります。

最大10社の買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争するので、ディーラー下取り16万円以上高く売れることも。

WEBで買取相場がチェックできるので、まずは「大体の値段を知りたい」という方にもオススメです。

-軽自動車を高く売る

Copyright© 軽自動車のまとめ , 2019 All Rights Reserved.