軽自動車を高く売る

軽自動車を売るときの必要書類

軽自動車に必要な書類

「軽自動車を売るときにはどんな書類が必要?」

「書類とか名義変更手続きとかなんか面倒そう。」

そう思っているあなた。

軽自動車を売るときに必要な書類は少なくとても簡単です。

ディーラーや買取店に売る場合には、必要書類さえあれば名義変更や抹消、所有権解除の手続きは無料で代行してくれます。

登録車(普通車)に比べて手続きが簡単なのも軽自動車のメリットなんです。

ただし書類を紛失してしまった場合はご自身で再発行の手続きをする必要があります。

手続き自体は難しくありませんが、再発行には時間がかかります。

軽自動車の買取価格は日々少しづつ下がっていくものです。

もし書類が揃っていたら、もっと高く売れたのに…

こんなことにならないよう、売ると決めたら必要書類は早めに用意しておきましょう。

 

《簡単45秒》今すぐ買取相場を見てみる

 

軽自動車を売るときの必要書類は5点

  1. 車検証(自動車検査証)
  2. 自賠責保険証
  3. 納税証明書
  4. リサイクル券
  5. 住所を証明する書類(住民票や印鑑証明書のコピー)

その他、本人確認のため免許証コピーの提出が必要な買取店もあります。

軽自動車と登録車(普通車)との違いは委任状や譲渡証明書がいらいないこと。

押印する印鑑も認印でOKです。実印である必要はありません。

住民票や印鑑証明書のコピーは、住所を証明するために必要ですが、これも写しの原本でなくコピーで大丈夫です。

軽自動車の購入や売却の際には、実印の押印と印鑑証明書の提出を求めるお店もありますが、軽自動車は認印と証明書のコピーで名義変更が可能です。

上記の5点に加えて書類が必要になる場合

車検証上に記載されている住所(または氏名)から、

  • 引越しをした ⇒ 住民票
  • 引越しを2回以上した ⇒ 住民票の除票 or 戸籍の附票
  • 結婚(離婚)等で姓が変わった ⇒ 戸籍抄本

上記の変更点は車検証に記載されている使用者の氏名と住所が基準になります。

車検証上の住所に移住する前の引越し回数は無関係ですし、引越し後に住所変更手続きをして、記載内容が最新の住所に変更されていれば、上記の書類は必要ありません。

あくまで「車検証に記載されている内容に変更があったか」を確認するために必要な書類と考えおきましょう。

使用者が法人名義の場合

車検証の使用者が法人の場合でも用意する書類は同じです。

違いは追加書類が必要になった場合、個人の場合には色々な種類の書類がありますが、法人の場合には登記事項証明書1通にまとめられます。

個人:住民票、住民票の除票、戸籍の附票、戸籍抄本
法人:登記事項証明書だけでOK

 

車検証の所有者がディーラーやローン会社になっている場合

車の売却とローン

軽自動車をローンで購入している場合、車検証上の所有者がディーラーやローン会社になっていると思います。

この場合、ローンを完済した上で、使用者に名義変更してからでないと、買取店などに売却することができません。

売却する軽自動車のローンが返済中の場合、買取額をローン返済にあてるなどして、所有権解除の手続きをします。

軽自動車の所有権解除に必要書類

  1. 所有権解除依頼書
  2. 車検証のコピー
  3. 印鑑証明書のコピー
  4. 納税証明書のコピー
  5. 免許証のコピー

所有権解除依頼書はディーラーやローン会社に問い合わせて取り寄せます。

その他、印鑑証明書の原本が必要だったり、念書の提出が必要な会社もあるようです。

所有権解除も実質は名義変更手続きと変わりませんので、住所の変更や改姓があった際には、それを証明する住民票や戸籍抄本などが追加で必要になります。

買取店などで軽自動車を売る場合、所有権解除の手続きも代行で対応してもらえます。査定の際に必要書類や手続き方法を確認しておきましょう。

 

車検証上の所有者が死亡してしまっている場合

軽自動車を売りたいけど使用者が死亡している

このような場合には“親族へ名義変更”してから売却をする方法が一般的です。

使用者が死亡している軽自動車を売るためには、

戸籍謄本(親族であることを証明する書類)

が追加で必要です。

軽自動車の名義変更では「遺産分割協議書」は必要ありません。

戸籍謄本ではなく、新使用者の住民票で名義変更できる場合もあるようです。

詳細はナンバーを管轄する軽自動車検査協会の事務所・支所に問い合わせしましょう。

 

書類を紛失してしまった場合の再発行について

市役所で再発行の手続き

  • 車検証 ⇒ ナンバーを管轄する軽自動車検査協会
  • 自賠責保険証 ⇒ 保険会社の窓口
  • 納税証明書 ⇒ 市役所

軽自動車検査協会とは軽自動車の陸運局のような役割を持っています。(陸運支局の近くにあることが多いです。)

自賠責保険と任意保険は保険会社が違いますので注意しましょう。

また代理店では再発行できませんので、お近くの支店を調べておきましょう。

軽自動車の納税証明書は市区役所で再発行が可能です。郵送での再発行も可能です。

どの書類も再発行の際には、印鑑(法人の場合は代表印)と本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)を持参してください。

 

買取店で売るメリットは無料の手続き代行

買取店で行ってもらえる手続きの代行

軽自動車の手続きは思っていたよりも簡単だと感じたのではないでしょうか。

しかし中には、

  • 「転勤が多く引越し回数を覚えていない」
  • 「ローンの残債処理が難しい」
  • 「結婚、引越し、所有権解除など様々なケースに当てはまる」

という方も少なくはないかと思います。

上記のケースに該当する場合、自分で必要書類を用意して手続きするのはとても大変です。

名義変更専門の代行業者に頼んでも15,000円~30,000円程度の手数料がかかってしまうでしょう。

でも買取店に売却すれば、これらの手続きは基本すべて無料で代行してくれます。

軽自動車を売るときに、個人売買ではなく買取店などで売却する人がまだまだ圧倒的に多いのは、名義変更手続きも安心して任せられるからでもあるのです。

 

今すぐ買取相場を知りたい方はこちら

一括査定の説明をする女性

軽自動車を高く売るために必要なこと。

それは“もし今すぐ売ったらいくらになるか?”を知っておくことです。

一括査定なら簡単な情報を記入するだけで、たったの45秒で買取相場がわかります。

最大10社の買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争するので、ディーラー下取り16万円以上高く売れることも。

WEBで買取相場がチェックできるので、まずは「大体の値段を知りたい」という方にもオススメです。

-軽自動車を高く売る

Copyright© 軽自動車のまとめ , 2019 All Rights Reserved.