軽自動車の買取相場【2018年最新版】

ジムニーの買取価格相場【2018年最新版】

更新日:

スズキ・ジムニーは唯一無二の軽自動車として新車・中古車市場で大人気。

当サイトの軽自動車のリセールバリューランキングでもNo.1のモデルです。

しかし、注意しなければならない点が1つだけあります。それは2018年7月に新型ジムニーが発売されたことです。

20年間フルモデルチェンジがなかったことも、ジムニーの高い買取価格を支える理由のひとつでした。

現在のところ、新型ジムニー発売後も買取相場に大きな変化はありません。

しかし、モデルチェンジ後は買取相場が大幅に下落することが予想されます。

もし買い替えを検討しているなら、乗り続けるよりも買取相場が高い今のうちに売却するほうが結果的に損をしないことになるでしょう。

一括査定ならジムニーの買取を強化している買取店や専門店だけに絞って、簡単に査定の見積もり依頼をすることができます。

2018年はジムニーを高く売る最後のチャンス。まずは買取相場がいくらかを調べてみましょう。

 

《簡単45秒》今すぐ買取相場を見てみる

 

ジムニーの買取価格相場【3年~10年落ちの査定額】

スズキ・ジムニーの買取相場

132万円

※3年落ち3万キロの買取価格

2018年12月時点の『スズキ・ジムニー』の買取価格相場一覧表です。

買取相場はつねに変動しているため、あくまで参考価格となります。

リアルタイムの買取相場を知りたいかたはこちらをご活用下さい。

3年落ち・3万キロ前後の買取価格

年式グレード・ミッション走行距離買取価格
平成27年ランドベンチャー MT2.9万km132万円
平成27年ランドベンチャー AT2.6万km131万円
平成27年XC MT3.5万km111万円
平成27年XG AT3.2万km95万円

3年目までは走行距離が3万km前後以内なら、走行距離による買取価格の変化はほとんどありません。

走行距離が多めでも高く売れるのはジムニーだけのメリットです。

5年落ち・5万キロ前後の買取価格

年式グレード・ミッション走行距離買取価格
平成25年クロスアドベンチャー AT5.8万km112万円
平成25年クロスアドベンチャー MT5.0万km110万円
平成25年XC AT4.8万km90万円
平成25年XG AT4.4万km82万円

走行距離が5万キロを突破すると買取価格が下がる傾向があるものの、値下がりするスピードは非常に緩やかです。

7年落ち・7万キロ前後の買取価格

年式グレード・ミッション走行距離買取価格
平成23年クロスアドベンチャーXC AT6.0万km94万円
平成23年クロスアドベンチャーXC MT8.0万km81万円
平成23年XG MT7.3万km70万円

年式が古く距離が多めでも改造車には高い買取価格がつきます。

また7年落ち以降、状態の良いマニュアル車は希少性が高くなり値下がりしにくいことがわかります。

10年落ち・10万キロ前後の買取価格

年式グレード・ミッション走行距離買取価格
平成20年ランドベンチャー AT11.0万km52万円
平成20年ワイルドウインド AT9.5万km51万円
平成20年XC MT10.3万km41万円

10年落ちでも残価率は30~40%前後を維持していますが、走行距離が10万kmを超える下落率は大きめになります。

 

ジムニーシエラ(普通車)の買取価格相場

普通車(登録車)のジムニーシエラの3年~10年落ちの買取価格相場やリセールバリューについては『ジムニーシエラの買取価格相場』でご紹介しています。

 

型式別の買取価格相場

JB23Wの買取相場【3代目:1998年-2018年】

買取相場:13~135万円

JB23Wの買取相場の傾向

平成11年式は10万キロ以下なら査定額10~20万円以上。

改造車なら初期型(1-2型)でも30万円以上の高価買取が期待できます。

新車販売終了の影響により最終型(JB23-10型)の買取相場が上昇中です。

JA22の買取相場【2代目:1995年-1998年】

買取相場:7~65万円

JA22の買取相場の傾向

希少価値が高い幌CC(JA12C)は走行距離が多くても40万円以上の高価買取。

全体的にMT車の買取相場が高い傾向があります。

JA11の買取相場【2代目:1990年-1995年】

買取相場:4~35万円

JA11の買取相場の傾向

平成7年式7万キロのランドベンチャー(AT)が最高額。

平成6年式24万キロでも18万円の高価買取

ミッションはATとMTともに高い買取相場を維持しています。

 

ジムニーは12年落ちでも20万キロ以上でも高く売れる

スズキ・ジムニー(JA22W)

ジムニーを廃車にしようと思っていたは少し待ってください。

10年以上乗っていても、10万キロ以上走っていても、まだまだ高価買取の可能性が残っています。

下記の条件に該当してれば、廃車にするよりもお得に売却することができます。

  • 初度登録から【11年以内】で走行距離【20万キロ以上】
  • 初度登録から【12年以上】で走行距離【20万キロ以内】

走行距離が多めでも、リフトアップなどのカスタムが施されていれば、ミッション(マニュアルかオートマ)を問わず相場以上での高価買取になる場合があります。

ジムニーの買取相場は他の軽自動車とはまったく違います。低年式・過走行車でも高く売れるチャンスがあるのです。

 

ジムニーのリセールバリュー

ジムニー・ランドベンチャー

スズキ・ジムニーの残価率

84%

(ランドベンチャー)

※新車から3年3万キロで売却

現行ジムニーのグレード構成は『XG、XC、ランドベンチャー』の3種類。

一番人気は特別仕様車で『ランドベンチャー』『クロスアドベンチャー』『ワイルドウインド』が同ランクのグレードになります。

本格的なオフロード性能を持ったクロスカントリー車ということもあり、マニュアル車の人気が高く、年式が古くなってくるとさらに希少性が高まります。

また、ボディカラーは白と黒が定番色ですが、クロスアドベンチャーの『ブロンズ』やランドベンチャーの『カーキ』など、特別仕様車の限定色も買取価格が高めです。

買取価格が高くなるポイント

  • 色はブラックとホワイト(パール)、特別仕様車の限定色が人気。
  • オートマよりもマニュアルのリセールバリューが7%ほど高い。
  • リフトアップ、マフラー、バンパーなど改造車はプラス評価。

もし1~2年で売ったらどうなる?

ジムニーを新車で購入し1~2年で売った場合の残価率です。

1年目:92~95%
2年目:85~92%

1~2年目の残価率は異常なほどの高さで、中古車・新古車を購入するとなると、総額は新車とほとんど変わらないほどです。

しかし、業者オークションではジムニーの登録済み未使用車や新古車が比較的安く取引されています。

ジムニーを少しでも安く買いたいかたは、販売店だけでなくネットの注文販売で見積もりを取ってみるのがオススメです。

 

ジムニーの買取相場を知るとなぜ最高額で売れるのか

  • モデルチェンジで買取相場が大幅に下落する
  • ディーラーの下取り査定額は安い
  • 改造車でも相場以上の高価買取になる
  • 12年落ち走行20万キロでも高く売れる

ジムニーの買取相場には上記の特徴があり、業者による査定額の違いがうまれやすいモデルです。

したがって、ジムニーを高く売るためには、買取店、ジムニー専門店、中古車販売店など、それぞれに強みを持った複数の買取業者で査定をしてもらい比較することが重要です。

一括査定はジムニーを高価買取している全国の買取業者だけが競争入札するため、買取の最高額が簡単にわかります。

また、古くなれば修理代や車検代など、維持費は年々高くなっていきますが、リセールバリューが高いジムニーは乗り続けるよりも 2~3年ごとに買い替えするほうがお得なケースもあります。

もし売却を検討するなら、「自分のジムニーが今いくらなのか」まずは一括査定でリアルタイムの買取相場を見てみましょう。

 

今すぐ買取相場を知りたい方はこちら

一括査定の説明をする女性

軽自動車を高く売るために必要なこと。

それは“もし今すぐ売ったらいくらになるか?”を知っておくことです。

一括査定なら簡単な情報を記入するだけで、たったの45秒で買取相場がわかります。

最大10社の買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争するので、ディーラー下取り16万円以上高く売れることも。

WEBで買取相場がチェックできるので、まずは「大体の値段を知りたい」という方にもオススメです。

-軽自動車の買取相場【2018年最新版】

Copyright© 軽自動車買取で査定額を10万円アップさせるコツ , 2018 All Rights Reserved.