スズキの買取価格相場 軽自動車の買取価格相場

ラパンの買取価格相場【2020年最新版】

『スズキ・アルトラパン』は業界最大手ガリバーの買取台数ランキングで6位(2017年:軽自動車)にランクイン。

中古車市場でも女性を中心に人気が高い軽自動車です。

とくに3~5年落ちの高年式・低走行車は値下がりが少なく、お得な買い替えが可能なモデルでもあります。

ただし、ディーラーの下取り査定額は高くないのでオススメできません。

とくに10年落ちや10万キロ以上のラパンは、ディーラーの下取りでは0円で引き取られてしまうことがほとんどです。

しかし、本当はラパンは15年落ちでも15万キロ以上でも高価買取が可能です。

もし買取相場を知らないで売るとディーラーや買取店に安く買い叩かれてしまいます。

ラパンを高く売りたいなら査定前に必ず買取相場を調べておきましょう。

 

《簡単45秒》今すぐ買取相場を見てみる


ラパンの買取価格相場【3年~10年落ちの査定額】

ラパンの買取相場

63~82万円

※3年落ち3万キロの買取価格

2020年3月時点の『スズキ・ラパン』の買取価格相場一覧表です。

買取相場はつねに変動しているため、あくまで参考価格となります。

リアルタイムの買取相場を知りたいかたはこちらをご活用下さい。

3年落ち・3万キロ前後の買取価格

年式グレード走行距離買取価格
平成28年X2.2万kmアイボリー82万円
平成28年S2.5万kmブラウン81万円
平成28年L4.0万kmピンク78万円
平成28年G2.4万kmブラウン76万円

3年落ちの買取相場は63万円~82万円

現行型の3代目ラパン(HE33S型)の残価率は平均60%と標準的なリセールバリュー。

その中でも『G』は残価率70%前後で一番高く売れるグレードとなっています。

5年落ち・5万キロ前後の買取価格

年式グレード走行距離買取価格
平成26年ショコラ X 4WD5.6万kmアイボリー84万円
平成26年ショコラ X4.7万kmピンク80万円
平成26年ショコラ G5.4万kmピンク69万円
平成26年XL4.3万kmブルー65万円
平成26年TL 4WD5.8万kmブラウン64万円
平成26年G4.9万kmブラウン54万円

5年落ちの買取相場は39万円~85万円

2代目ラパン(HE22S)はモデルチェンジ後も値下がりせずに残価率は50%前後を維持してます。

とくに中古車人気の高い『ラパンショコラ』は現行ラパン(HE33S)と買取価格に差がないのが特長です。

7年落ち・7万キロ前後の買取価格

年式グレード走行距離買取価格
平成24年10thアニバーサリーリミテッド 4WD6.5万kmパール62万円
平成24年T Lパッケージ6.7万kmブラック49万円
平成24年G6.7万kmパール41万円
平成24年X7.2万kmブラック40万円

7年落ちの買取相場は24万円~62万円

ラパンの中古車は4WDの人気が高く流通台数も少ないため、2WDと比較して4WDは査定額10万円前後のアップが期待できます。

10年落ち・10万キロ前後の買取価格

年式グレード走行距離買取価格
平成21年X 4WD9.1万kmアイボリー44万円
平成21年T Lパッケージ 4WD9.1万kmブラック33万円
平成21年G 4WD9.3万kmピンク30万円
平成21年X9.7万kmベージュ25万円
平成21年G9.7万kmブラウン21万円

10年落ちの買取相場は9万円~43万円

グレードにより買取価格に大きな差がありますが、4WDなら20万円以上の高価買取が可能です。

旧型ラパン(HE22S)なら10年落ち10万キロでも査定額0円になることはありません。

 

ラパンは15年落ち20万キロや事故車でも高く売れる

アルトラパン SS(HE21S)

初代ラパン(HE21S)は10年落ち・走行10万キロで査定額がほぼ0円に。

しかし以下の条件であれば10万円以上で高く売れる可能性があります。

  • 初度登録年が【平成19年】より新しく走行距離【11万キロ】以下
  • 初度登録年が【平成15年】より新しい【ラパンSS】
  • 走行距離【20万キロ】以下の【ラパンSS】

※初度登録年は車検証をご確認ください。

『アルトラパンSS(とくにMT車)』の買取相場は別格です。

修復歴ありや事故車でも走行距離20万キロ以下なら10万円以上の高額査定

また、非常に希少な『キャンバストップ』も高値で取引されており、相場を大幅に上回る買取価格が期待できます。

10年落ちでも低走行車(走行距離5万キロ以下)のラパンなら60万円以上の高価買取が狙えます。

ラパンの事故車の買取相場(2020年3月)

年式買取相場型式
平成27年~現在4万円~58万円HE33S(3代目)
平成20年~平成27年2万円~27万円HE22S(2代目)
平成14年~平成20年0万円~8万円HE21S(初代)

ラパンの事故車(故障車・不動車・冠水車含む)の買取相場は0万円~58万円

現行型(HE33S型)は事故で大きく損傷していても査定額10万円以上。

旧型(HE22S)は10年落ちでも5万円前後(最高15万円)で買い取られているため、ラパンは簡単に廃車にしてはいけません。

年式が古い初代ラパン(HE21S)の事故現状車は査定額がつきにくいケースも多くなってきています。

ただし『アルトラパン SS』ならどんな状態でも高く売れます。

 

ラパンのリセールバリュー

3代目アルトラパン(HE33S)

ラパンの残価率

71%

(G)

※新車から3年3万キロで売却

モデルチェンジ後の現行ラパンは『G』の残価率が70%前後で高リセールバリュー

その他のグレードは残価率50%~65%と幅が広く、モデル全体の平均残価率は60%が目安となります。

モデルチェンジ後も大きく値下がりすることなく、旧型の2代目ラパンショコラは5年落ちでも55%前後の残価率となっています。

3年落ちまでは2WDが5年落ち以降は4WDの買取価格が高い傾向があります。

年式が古くなるほど4WDはしっかりプラス査定されています。

ブラックやホワイトの人気が高い軽自動車にあって、ピンク、ブラウン、アイボリー、ベージュなど女性向けのボディ色が人気で高額査定になっています。

ポイント

  • 現行型は『G』や『L』などのエントリーグレードの人気が高い。
  • 5年落ち以降は『X』など上位グレードが人気。ターボ搭載グレードも高い。
  • 2WDも高いが4WDは5~10%のプラス査定。
  • 白や黒よりもピンクやブラウンなどの色のほうが査定額が高い。

 

ラパンを高価買取してもらう方法まとめ

ラパンを高く売るポイント

  • ディーラー下取りだと古いラパンの査定額は0円になる
  • 事故車や15年落ち15万キロでも高価買取が狙える
  • 走行距離による買取価格の影響は大きい

『アルトラパン』の買取相場には上記3点の特徴があります。

ラパンは根強い中古車人気に支えられているため、高い買取価格が期待できる軽自動車です。

だからといって、どこで売っても高い買取価格がつくわけではありません。

ディーラー下取りでは年式で大体の査定額が決まってしまうため、古いラパンは査定額0円で引き取られているのが現状です。

しかし実際には、ラパンは15年落ち、20万キロ、事故車でもまだまだ高価買取の可能性はあります。

ラパンの売却を検討する際には、必ず複数の買取業者で査定をしてもらいましょう。

また、ラパンは走行距離3万キロ、5万キロ、10万キロのタイミングで買取価格が大きめに下落します。

車検に通すか売却するかでお悩みなら、走行距離が伸びる前に一度買取相場を調べてみることをオススメします。

 

今すぐ買取相場を知りたい方はこちら

一括査定の説明をする女性

軽自動車を高く売るために必要なこと。

それは“もし今すぐ売ったらいくらになるか?”を知っておくことです。

一括査定なら簡単な情報を記入するだけで、たったの45秒で買取相場がわかります。

最大10社の買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争するので、ディーラー下取り16万円以上高く売れることも。

WEBで買取相場がチェックできるので、まずは「大体の値段を知りたい」という方にもオススメです。

-スズキの買取価格相場, 軽自動車の買取価格相場

Copyright© 軽自動車のまとめ , 2020 All Rights Reserved.