軽自動車の買取査定で損をしないために

買取価格が高いワゴンR
新車でも中古車でも大人気で“高く売れる”軽自動車。

しかし、どこで査定してもらっても高価買取が期待できるとは限りません。

なぜなら、ディーラーや買取専門店など、

査定するお店や売却するタイミングによって査定額が大きく変わるからです。

買取価格が下がりにくい軽自動車だからこそ、そのメリットを最大限に活かして高価買取を実現したいですよね。

 

軽自動車を10万円以上高く売るコツ

 

それは軽自動車の買取を強化している複数の買取業者に査定してもらうことです。

 

このサイトでは、軽自動車を簡単に、そして絶対に損をしない具体的な方法についてご案内します。

 

今すぐ買取相場を見てみる

 

軽自動車は古くてボロボロになっても高く売れる

「もう10年も乗ったし、外装はボロボロだし、買取金額は0円かなぁ…。」

 

いえいえ!全然そんなことはありません。

  • 年式が10年以上経っていても
  • 走行距離が10万キロ以上でも
  • ボディがキズやヘコミだらけでも
  • 事故修復歴があっても

高く売れる軽自動車はいくつもあるので、あきらめてはいけません。

 

新車価格が500万円程度する高級車。

でも3年ほど乗れば買取査定価格は新車時の半額以下になってしまいます。

一方で中古車市場でも人気の軽自動車は、需要が安定していることや、在庫の回転の早さ(売れ行きの良さ)を理由に、買取相場は高値を維持しています。

つまり、軽自動車はリセールバリューが高いため、数年乗っても買取相場が下がりにくい特徴があるのです。

売却タイミングを案内する男性

『軽自動車』と聞くとひと昔前までは、

  • パワーが無く走行性能が低い
  • 人や荷物が載せられない
  • ボディが軽く事故時に危険

など、どちらかと言えばマイナスのイメージが強い車でした。

しかし、燃費が良い、税金が安い、各種メンテナンス費用が割安など、経済性の高さを理由に軽自動車を選ぶ人が増えています。

車体が小さく女性でも扱いやすいばかりでなく、エンジンに代表される走行性能の向上、装備の充実によって、ファーストカーとしても十分満足できる品質になっています。

比較的新しい軽自動車は国内の中古車市場へ。

そして古くてボロボロの軽自動車は輸出され海外市場へ。

このエコカーブームと性能や耐久性の向上が、軽自動車の高い買取相場を支える理由になっているのです。

 

軽自動車の買取価格相場一覧表【3年~10年落ちの査定額】

あなたの軽自動車は今いくらで売れるのでしょうか?

業者オークションの取引価格をもとに調べた3年・5年・10年落ちの買取価格相場(2018年5月時点)です。

それぞれ年間走行距離1万キロ前後(修復歴なし)の買取査定額となります。

スズキの買取価格相場

車種3年落ち5年落ち10年落ち
ジムニー82~132万円75~120万円33~58万円
エブリイワゴン81~126万円62~107万円24~56万円
ワゴンR51~120万円34~74万円15~24万円
ラパン61~109万円49~88万円13~36万円
ハスラー63~120万円--
スペーシア77~118万円66~97万円-
アルト39~66万円16~37万円0~8万円

ダイハツの買取価格相場

車種3年落ち5年落ち10年落ち
タント66~137万円43~98万円19~45万円
ムーヴ54~117万円37~78万円11~29万円
コペン112~145万円96~115万円39~78万円

ホンダの買取価格相場

車種3年落ち5年落ち10年落ち
N-BOX73~145万円59~108万円-
N-WGN56~111万円53~88万円-
ライフ-37~69万円3~23万円

日産・三菱の買取価格相場

車種3年落ち5年落ち10年落ち
デイズ48~80万円41~70万円-
デイズルークス60~113万円--
モコ52~76万円37~64万円2~26万円
eKワゴン43~64万円20~58万円3~24万円

軽自動車の買取相場は様々な要因で変動するため、リアルタイムの買取相場を知りたいなら一括査定を使うのがオススメです。

軽自動車は買取価格が高い」といっても、どんな軽自動車でも時間とともに価値は徐々に下落していきます。

売却を検討しているなら早めに売るのが高価買取のコツです。

参考軽自動車の買取相場を知れば最高額で売れる!

 

軽自動車を売るならディーラー下取りはやめておけ!

軽自動車が一番高く売れるのはディーラー下取りでしょ?

 

もし本当にそう考えているなら、軽自動車を高く売ることはできません。

なぜなら、ディーラー下取りで車を売った約7割の人が損をしているからです。

 

ディーラーの下取りはなぜ損をするのか?

軽自動車の本当の価値(買取価格)がわからない

ディーラーの高い下取り額には、本当は新車から値引き出来るはずの金額が含まれています。
これではその軽自動車の本当の価値は不透明になってしまいます。

下取り上限額は“最低額”が基準

ディーラーでは中古車価格月報(専門誌)などを参考に下取り額を出します。

しかしこの参考価格が実際の取引相場より大幅に低いのです。

そのため下取りの上限額は参考価格の最低額が基準になっているのが実体です。

下取りは営業マンの成果にならない

下取りは新車ディーラーの営業マンの成績にカウントされません。

しかし「下取り車があれば値引きとからめて商談がしやすくなる

これがディーラーの本音です。

お客さん側にとってのメリットは「手続きの手間がかからない」

たったこれだけです。

下取りは売りだけでなく買いでも損をする

ディーラーでの下取り商談
そもそも、ディーラーの営業マンは、車種ごとの詳細な買取相場(リアルタイムの取引相場)を把握していません。

下取り査定で参考にするのは、かなりざっくりした“下取りの上限額”だけです。

この上限額を商談状況に合わせて、値引きしたり、下取り額を上げたり調整することで新車を売りやすくします。

この仕組がわかっていないと、

 

下取り車があったほうが新車の値引き額を最大限に引き出せるのでは?

 

と考えてしまいますが、

値引きの限界額は最初から決まっているため、下取り車の有無は新車の値引きには影響を与えません。

むしろ下取り車があることで、値引き額と下取り額が曖昧になってしまい、

“売り”と“買い”で損をする可能性のほうが高いのです。

 

ディーラーの下取り査定額が安い軽自動車

高年式・低走行の軽自動車

軽自動車は同じ車種でも、グレードや装備によって査定額が大きく違います。

しかし下取り査定では、この細かな違いが評価基準に含まれていないのです。

買取相場が低いほうの車両を基準に査定額が決められてしまいます。

10年落ちなど古い車・年式の割に距離が多い車

年式が古くても距離が少なければ買取価格は高くなります。

過走行でも海外輸出できる車種もあります。

旧車などの希少車はプレミア価格で取引されることがあります。

しかし、これらの車種はディーラー下取りでは0円と評価されてしまうのです。

改造車や社外品はプラスにならない

ジムニーなど趣味性の高い車の場合、カスタムによって買取価格が上がることがあります。

しかし下取りでは評価対象外。

それどころか、カスタムがマイナス査定になることもあります。

また高価な社外品やナビなどもプラス評価にはなりません。

 

軽自動車買取で査定額を10万円アップさせるコツとは?

ディーラー下取りのデメリットは、

その軽自動車の本当の価値(買取価格)がわからない”ことです。

そこで、ぜひ試していただきたいのが、買取専門店や中古車販売店での査定です。

中古車の人気が高い日産デイズ

買取専門店は全国のリアルタイムの買取実績をもとに、その時一番高い買取相場を基準に軽自動車の価値を評価します。

したがって、買取価格が高水準で安定している特徴があります。

その一方で中古車販売店は、買取専門店に買取台数は多くありません。

しかし“買取った軽自動車を次のお客さんへ直接販売できる”という強みがあります。

仕入れにかかる中間マージンがないので、その分を買取価格への上乗せという形で還元できるのです。

買取専門店と中古車販売店。

それぞれ得意不得意があるのも事実ですので、複数のお店で査定をしてもらうのが理想的です。

買取専門店や中古車販売店など複数のお店に査定を依頼するなら、

やっぱりインターネットから申し込める無料一括査定サイトが一番簡単です。

軽自動車が高く売れて喜ぶ夫婦

どの買取専門店でもほとんど同じだった査定額。

それを中古車販売店に査定士てもらった結果、

 

10万円以上高い金額で買い取ってくれた!

 

こんなケースは決して珍しくはありません。

色々なお店の評価を聞いて、一番高いお店に買取ってもらえる。

これが一括査定の最大のメリットです。

もちろん、査定してもらった結果、

「ディーラーの下取り額が一番高かった」というケースもあるかも知れません。

しかし、せっかく高く売れる軽自動車。

売却前に少し時間をかけるだけで大きなメリットがあるのですから試してみる価値は十分にあります。

 

いま軽自動車が一番高く売れる一括査定ランキング

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較の公式サイト

ポイント

軽自動車の買取相場が45秒でわかる

軽自動車を最高額で売りたい!なら人気No.1の一括査定サイト『ズバット車買取比較』です。

ガリバー、カーセブン、ビックモーター、アップルなど、大手の買取店、地域密着の専門店など色々な買取業者が競争するので高価買取が期待できます。

ディーラー下取りよりも平均で16万円以上高く売れる!と評判も高く、買い替え検討中の人にもオススメです。

《簡単1分》無料一括査定スタート

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

カーセンサーの公式サイト

ポイント

メールだけでの査定を希望できる!

カーセンサーが他の無料一括査定と大きく違う点は、中古車販売店が仕入れのための買取をすることにあります。

また、査定をしてもらいたい買取業者だけを選ぶことができるので、しつこい営業がなく安心してお申込みいただけます。

もともとは中古車情報のサイトなので、加盟店に中古車販売店や軽自動車専門店が多いのもオススメのポイントです。

《簡単1分》無料一括査定スタート

 

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドの公式サイト 

ポイント

最大10社の大手買取店に査定依頼ができる

軽自動車の概算買取額をすぐに知りたいという方に人気なのが『かんたん車査定ガイド』。

最大10社の買取店に一括で見積り依頼ができ、簡単に軽自動車の買取最高額がわかる仕組みになっています。

とにかく手間をかけずに軽自動車を高く売りたい場合や、売却検討中の方でも気軽に申し込める人気のサイトです。

《簡単1分》無料一括査定スタート

 

 

軽自動車をさらに高く売りたい人だけご覧下さい。

「軽自動車を売るときは複数のお店で査定をしてもらう」

たったこれだけで、“軽自動車が高くれる”ことはお分かりいただけたでしょうか。

ただ間違えて欲しくないのは、

「10社よりも20社、20社よりも30社」のように、

 

とにかく沢山のお店で査定をしてもらえば、買取価格がどんどん高くなるわけではない

 

ということです。

むしろ、時間と手間ばかりかかってメリットがありません。

そればかりか、その間に買取相場が大幅に下落するデメリットのほうが大きくなってしまいます。

軽自動車の買取で一番大切なのはどんなお店に査定をしてもらうかなのです。

買取専門店、中古車販売店、新車ディーラー、輸出業者、軽自動車専門店など。

少ない社数であっても、それぞれに独自の販売ルート持ったお店で査定をしてもらえれば良いのです。

一括査定サイトには、1つだけには欠点もあります。

お住いの地域によってサービスの質が違ってしまうことです。

本当は最大で30社に一括で査定依頼ができるはずなのに、

  • 軽自動車専門店や輸出業者にも査定してもらいたいけど、買取専門店しか加盟していなかった。
  • 最大30社の一括査定を期待したけど、実際に査定できるのは2社のみ。
  • 10社に査定申し込みをしてみたけど、実際に連絡があったのは1社だけだった。

買取業者は人口の多い首都圏に集中しているため、実際にこのような地域は全国各地にあります。

パソコンから査定の申し込みをする主婦

もし、アナタがお申し込みされる地域がこのような地域に当てはまるなら、

複数の無料一括査定サイトを利用してみてください。

目安として最低でも5社前後。

出来れば買取専門店2社、中古車販売店1社、輸出業者1社のように種類も分けるのがオススメです。

また、同じ買取専門店でも査定額が差があります。

その場合はさらに社数を増やして比較してみることで、さらに良い結果が期待できます。

最大でも10社程度あれば十分です。

「複数の無料一括査定を利用すると、お店が重複したり、すごい数のお店から電話が来てしまうのでは?」という心配がありますが、

 

査定してもらいたい会社だけを選んだり、電話ではなくメールで査定依頼できるサイトもあるので安心してください。

 

この方法を使えば無駄なく簡単に軽自動車を最高額で売ることができます。

 

無料一括査定ランキングはこちら

更新日:

Copyright© 軽自動車買取で査定額を10万円アップさせるコツ , 2018 All Rights Reserved.